女の人

起業したらオフィスを準備しよう|維持費が安いレンタルオフィス

オフィスの種類を確認する

2人のウーマン

起業してオフィスが必要になったら自社ビルや貸事務所を導入するのが一般的ですが、どちらも初期投資がそれなりに必要ですし、維持費もかかってしまいます。最近では比較的安い初期投資でオフィスを導入する方法があります。その方法がレンタルオフィスという方法です。レンタルオフィスは貸事務所のように毎月賃料を必要としますが、貸事務所に比べてかなり安いですし、維持費などもあまりかかりません。貸事務所のように仲介手数料などを支払うこともなく、レンタルオフィスによって導入する際の初期費用が一切かからない場合もあります。キャンペーンで入会金な補償金がかからない場合が多く、もちろん敷金や礼金なども必要ないです。レンタルオフィスは最初から業務に必要な電話などのオフィス用品が準備されており、コピー機なども使用できます。赤坂のレンタルオフィスは2種類の部屋が用意されており経営に合わせて選ぶと良いでしょう。部屋は大きく分けて貸事務所のようにフロアを一面貸しきる場合と、フロアの個室だけを借りてコピー機などのオフィス用品を他の企業と共同で使用する場合があります。前者のほうが維持費が高くなりますが、一面を大きく使えるのでたくさんの従業員がいても大丈夫です。後者のほうは維持費を安くできるので、起業したての企業が利用しやすいでしょう。どちらもメリットがあるので企業の利益や状況に合わせて変えていくと良いでしょう。良い赤坂のレンタルオフィスを見つけるには口コミや評判などを参考にすると見つけやすいです。

毎月の家賃で借りられる

スーツの人達

貸事務所のメリットは自社ビルと違い初期投資が少ないことです。起業して大きな利益を獲得していない小さな企業なら、貸事務所を導入したほうが良いでしょう。東京には複数の不動産会社があります。

詳細へ

立地条件を考える

会社員

貸事務所を借りるときは立地条件を考えてから借りると良いでしょう。企業が密集している地域を狙って借りることで、今後の経営がうまくいきやすいです。初期投資を抑えたいなら公共交通機関が近くにある場所でも良いでしょう。

詳細へ

良い不動産会社を見つける

オフィス

不動産会社によって仲介手数料の料金や応対の仕方が大きく変わるので、なるべく良い不動産会社を見つける必要があります。見つけたら良い不動産会社から貸オフィスを紹介してもらうと良いでしょう。

詳細へ